章栄不動産について

章栄不動産とは、広島を中心にマンションを建設、販売をしているマンションデベロッパーです。

田中常雄氏が取締役会長を務める会社であり、この田中常雄氏は昭和63年から取締役として章栄不動産を支えてきた功労者であり、日本の景気悪化による民事再生手続きが必要になった際もマンションデベロッパーの再生としては極めて希有な自主再生を、約5年間で再生計画を認可決定後1年10ヶ月で達成するという企業再生が順調かつ確実に実現した事にも尽力をした項両者であります。

平成4年より販売を開始したフローレンスシリーズは非常に人気が高く、現在は180棟以上を建築、販売を行っており新築物件も次々と建設されています。

このフローレンスシリーズは広島都市圏を中心に展開をしており、広島を知り尽くした地元の章栄不動産だからこそできる、その土地その土地で利便性の高い立地など住みやすい最適な環境に、居住者の利便さや快適さをより追求したマンションを提供する事ができるのではないでしょうか。

現在は、「フローレンス 矢野駅前」「フローレンス昭和町 リバーレジデンス」「フローレンス庚午中 パークレジデンス」「フローレンス光南町シティレジデンス」の4棟の新築マンションが販売をしています。

章栄不動産のフローレンスマンションの特徴としては、先進性を活かしながら地域に適した設備を使用している点、居住空間に重きを置いて居住者の生活をより良いものへするための空間を作っています。

さらに、セキュリティにも最新の設備を適宜導入しており最新のオートロック機能やICカード、スマホ等を使ったセキュリティシステムの導入で便利かつ安全性の高い安心を提供しています。

居住者の生活をより良くすると言ううたい文句を実現しているのは、主要駅へのアクセスの良さや、スーパーやコンビニなど普段の生活する上で重要な買い物をする場所、何かあった場合の為の病院だけでなく、公共施設、銀行なども徒歩10分以内に必ずある環境にあるのも利点だと思います。

また、保育園、幼稚園、小学校、中学校なども徒歩10分以内にある場合が多く、お子さんがいる親御さんもお子さんの通学を安心して待つ事ができると思います。

章栄不動産やフローレンスマンションに関する情報については「章栄不動産」の情報サイトを参考にしました。